お金とココロを再考

マネーリテラシーの強化と幸せを感じられるマインドセットにフォーカス。人生の質を上げるためのhowtoを解説。

今が買い時⁉︎金融商品の買い増しは【要注意】

一番底は越えた模様
二番底はあるのか?

3月の大暴落から約2週間経ちました。ネット上では「株のバーゲンセール」とか「二番底はあるのか」という記事がここぞとばかりに溢れてますね。

株価は持ち直しつつあるとは言え、まだまだ下がる要素もあるし、利回りも高くなっているのでバーゲンセールでもあるのは同意です。


ですが、少し気になる点、いや、かなり気になる点があります。それは今回の暴落が過去の暴落、金融危機とは違うのではないか⁉︎という事です。


今回のコロナショックは金融と経済の問題だけではありません。
社会システムを変えてしまうかも知れないという要素を含んでいるというのがぼくがそう考える理由です。


今、最も大切なのは生活防衛資金!
投資は焦らず、余剰資金で!

先ほども書きましたが、今のコロナ騒動は社会システムを変えてしまう可能性を含んでいます。

それってつまりどういうこと?
今の社会や金融、経済の根本が変わってしまうということです。
わかりやすく、すごく極端な例を挙げると、資本主義をやめてしまうとか、今後お金を使わない経済になるとか、世界の通貨が統一されるとか。
極端過ぎましたかねw

そこまでいかないにしろ、そういった要素を含んでいるのではないか、社会経済システムの変換機にきているのではないかと言うのがぼくの考えです。

なので、生活費を節約して投資の資金にしてる方(ぼくもです)は今は買い増しのタイミングではないのかなと。もちろん定期積立は継続します。


外出禁止命令(いわゆるロックダウン)なんかが発令されて会社も休業になれば給料ももらえなくなります。そうなったら投資どころではなくなりますね。

その時に生活費のために泣く泣く損切りするのも想像できます。
そんな事にならないためには、
▷買い増しはガマン
▷現金比率をあげる
▷生活防衛資金を多めに確保


買い増しするのは日常生活が確保できてからでも遅くないハズだし、一連の騒動後には投資対象が変わっていることも考えられます。

最悪のシナリオも考えつつ、投資プランを練って行きましょう。





にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!


Infographic vector created by pch.vector - www.freepik.com