お金とココロを再考

マネーリテラシーの強化と幸せを感じられるマインドセットにフォーカス。人生の質を上げるためのhowtoを解説。

新人のぼくが、先輩ドライバーの横乗りをして思ったこと

転職して今月から新人として新しい会社で働き始めました。


前の会社で約7年勤めてベテラン風を吹かしてたぼくが、新人として一から仕事を教わって、あたふたしてます。



1.2トントラックはやはり狭い…
そうなんです、2トントラックで横乗りは窮屈なんです。


1人で乗る分には問題ないのですが、ツーマンでなおかつ、ヘルメットや手袋、ノート類などの手荷物、さらに助手席の足元には作業で使う道具なんかかが置いてあります。


そうすると結構厳しいですね。乗り降りする時も荷物を退けてからです。


うーん、やはり3トン以上のトラックがゆったりできます。


2.動きが予想できず、必要以上に消耗する
新しい仕事を教わっているときは何かをする時に無駄な行程が増えてしまいます。


それは迷う事です。


この迷いが体力を消耗させます。


慣れた仕事であれば、迷う事なく、意識しなくても体が動いてくれるので迷いによる消耗はありません。


そこで、迷いを減らすためにできる事は何かあるの?という話になりますが、それは予想を立てる事です。


予想を立てる事で体がスムーズに動いてくれるので体力の消耗も減らす事ができます。


とは言え、予想を立てる事すら難しい段階ではとにかく先輩ドライバーの後についていくしかないのかなと思います。




3.できる事を毎日続ける事がいかにラクか思い直した
前の会社で働いていた時は毎日イヤでしょうがなかったんですが、体力的にはラクでした。


ドライバーは基本、積む運ぶ降ろすの行程を繰り返すだけの仕事です。


なので、各現場の細かい指示を覚えてしまえばやる事はどこに行っても同じです。


その会社のやり方が身についていて応用が効く状態で働いていた前の会社の方がラクに思えるのは当然で、今の会社でも2、3年もすれば以前と同じようにラクな状態になるだろうと予想しています。


4.新しい事を覚えるのは楽しい
大変な事もあるけど、やっぱり新しい事を覚える事、できなかった事ができるようになる事は純粋に楽しいです。


できる事が増えるということは自分がパワーアップしたという事だとも言えますね。

少しづつレベルアップしながら引き続き頑張っていきます。



にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ