お金とココロを再考

マネーリテラシーの強化と幸せを感じられるマインドセットにフォーカス。人生の質を上げるためのhowtoを解説。

業務委託の軽貨物ドライバーをやってみて思った事

過去に3年間くらい、個人事業主として軽貨物の宅配ドライバーをしていました。
良いところも悪いところもあったので、業務委託での独立開業を考えている方がいたら1つのケースとして、参考にしてみて下さい。

そもそも業務委託って?
運送業界で業務委託というと主に、軽貨物車で大手運送会社(ヤマト運輸や佐川急便、西濃運輸などなど)の荷物の配達を請け負うことを指します。


求人誌や求人広告でオーナードライバー募集とか軽貨物車で独立しませんか?という募集が載っているのを見た事がありませんか?
その内容が業務委託のドライバーです。



大手運送会社>請負の運送会社>個人事業主(オーナードライバー=業務委託)といった関係ができていて、業務委託のドライバーは個人事業主として独立しています。


雇用契約もないので給料はなく、自分の売り上げが収入となりますので、自営業とも言えます。


収入の保証など一切ないし、万が一辞める時も車が残ってしまうので、業務委託の仕事を検討されている方はその辺りの事もよく考えて決断する事をおすすめします。


やっていたのは小口荷物の配達です
ぼくは佐川急便の宅配荷物の配達を請け負っていました。


佐川急便の制服を着て、佐川急便です、と言って荷物を届ける仕事で、一部、企業宛の荷物の配達や集荷もします。


《〇〇町の1丁目から5丁目》というように担当するエリアが決まっています。
そのエリアの個人宅に届いた小型の荷物の配達で、大きな荷物は佐川急便のドライバーがトラックで配達します。


朝は自分の軽貨物車で佐川急便に出勤して、荷物を積み込み、配達準備をして、出発。
夜間の配達まで終わったらまた佐川急便に戻り、残った荷物のおろし、伝票の整理、代引き荷物など預かったお金の精算をして終わりになります。


時期によって荷物の量が変動するのですが、空き時間ができれば、昼寝したり自宅へ帰ったりと自由に使えました。


再配達の依頼などの電話で起こされることもしばしばありましたが(-。-;…


収入はどうやって決まる?
収入は完全歩合制です。計算方法は簡単です。配達単価×配達個数です。


ここで注意点が2つあります。
まず、配達単価は荷主(ぼくの場合だと佐川急便)が決定権を持っているので、荷主の売り上げの変動に影響されて上下します。


荷主の売り上げが低迷していれば、配達単価も下がる事が考えられます。10円下がっただけでも結構ひびくもんです。


ちなみにぼくは、配達単価が150円から135円に下がったタイミングでこの仕事を辞める事を決断しました。


次に配達個数についてです。配達個数とは、配達が完了した個数です。不在や返品などで持ち戻った荷物に対しては何の売り上げにもなりません。

仮に朝、100個の荷物を持ち出して90個配達完了すればかなり配達完了率は高いです。
体感ですが、平均70%から80%の配達完了率です。

完全歩合制なので休めば必然的に配達完了個数も減るので売り上げは下がります。
逆にもっと稼ぎたければ休みの日に稼働する事も可能です。


一カ月の売り上げの中から直受けの運送会社へのロイヤリティ(10%前後)を払った残りが自分の手元に入ります。

そこから車輌維持費と生活費を使うことになります。


バリバリやる人は月70万円とか売り上げてました。ロイヤリティと車輌維持費をさしひいても50万円以上残ります。



休日や勤務時間は?
ぼくの場合だと、毎週月曜日が休日でした。業務委託のドライバーが月曜日休みなのは宅配業界では一般的です。

なんで月曜日休み?と思いますよね。


なぜかというと、荷物の発送元(主に通販のオンラインショップ)が日曜日がお休みなので荷物を発送しません。


すると月曜到着の荷物が少ない→佐川急便のドライバーだけでもなんとか配達できる→委託は休み、というシステムです。


ちなみに、出勤時間は決まっていませんでした。午前中の配達指定の荷物のお届けが間に合うようには来るようにという事でした。


退勤時間は夜間指定と再配達が終われば帰社して残荷整理など雑務をして退社です。



車はどうしたらいい?
ぼくの周りのドライバーさんたちは9割は自分で軽バンを買って、その車で仕事をしていました。


維持費などは経費となるので、自家用車にこだわりがなければその車をプライベートでも使うという感じです。


いきなり車を所有する事に抵抗がある方もいらっしゃいますよね。そういった方はリースで車を借りてみるのも一つの手です。

やってみて続けられそうなら車を買ってもいいかと思います。


ぼくはその仕事の詳細もイマイチわかっていなくて、長く続けられるかわからなかったし、自家用も所有してたので2台所有はきついなと思い、会社からリースで借りてました。


結果的に、ぼくの場合は3年で辞めたのでリースでよかったなと思ってます。残るものがないのでスパッと辞められました。


ただ、リース代より自分で買った方が安く上がるようです。
経費で落とせるので、税金も控除されるのもメリットがあると思います。



個人事業主になる心構えも必要です
業務委託でやっていくってことは自営業ってことになります。


収入が少なくても、時間が長くても全て自分の責任です。


税金に関しても、会社員だったら会社が年末調整でやってくれますけど、自分で確定申告しなければいけなくなります。


とは言え、家賃の一部を事務所とするなどして、経費として申告できるものも多いので節税もできます。


自営業でやっていきたいと考えている方には言う事は無いですが、社員感覚とか雇われ感覚で始めると痛い目を見るの明らかです。


その辺りの覚悟というか、心構えがあれば充分稼げる仕事です。




にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ