お金とココロを再考

マネーリテラシーの強化と幸せを感じられるマインドセットにフォーカス。人生の質を上げるためのhowtoを解説。

未経験からトラックドライバーになる時の注意点は?

トラックドライバーには大きく分けて2つの業務があります。逆にこの2つがこなせればドライバー職でやっていけるという事になりますね。どちらもうまくいかなくても努力と継続力で身につける事ができると思います。

トラックの運転業務とセンス
まずはトラックを運転する仕事です。トラックが運転できなければこの仕事は成り立ちません。

社名をつけたトラックで走行するという事は周りからしたらプロのドライバーであるという事になります。
もしあなたが運転マナーの悪いトラックを見かけたら、どこの運送会社だろう、と思って社名を確認した事もあるかも知れません。
運転マナーがひどい場合は会社へのクレームに発展する事もあります。


運転マナーとは、運転中だけでなく、トラックを停める場所や周囲の状況によっても変化します。この辺りがドライバーとしてのセンスが問われるところと言えます。

運転能力に関してはもともとの運転能力とセンス、あとは経験によります。

初めてトラックを運転した時は乗用車との車輌感覚の違いに戸惑ったり、納品するためのベストポジションを見つけるためのセンスや経験が問われます。

また、乗用車では入る事がなかったトラックヤードや、辺ぴなところにある納品先への経路など、『ここをトラックではいってくのかよー』というところまで行かなければならない事もあります。

狭路での走行など細かいハンドリングが求められる事もあります。



積み込みや納品、配達業務
これらはトラックを運転していない時の仕事です。

当然お客さんの荷物を扱うので、丁寧な荷扱いが必要です。

運ぶ荷物も大きさ、重さ、形状、運搬方法など様々です。
限られた体力と時間の中で効率よく、できるだけ時間をかけずに業務を進めていきます。

重たい荷物を手積み、手降ろしで運ぶ場合はチカラもスタミナも必要です。

コンビテナーで運ぶ場合は力はほとんど使わないですが、キャスターロックのかけ忘れや周りにぶつけたりしないように注意が必要です。

フォークリフトや車載のクレーンを使う場合はそれぞれの免許も当然ですが、周囲への配慮も必要ですし、事故の危険も伴います。運転に次ぐ注意や集中力が必要になります。


うまくいかない場合はどうしたらいい?
1日の業務をいかにスムーズに行えるかを左右するのが積み込みです。
積み込みが上手いドライバーは納品もうまく、 早くこなします。

そして、積み込みを上達させる秘訣は失敗と経験だと思います。
はじめは積み込みがうまくいかず、荷台が散らかって始末に負えなくなったりする事は誰しもが経験します。

そこで次回に活かせるように工夫します。積み込む順番を変える事も必要ですし、納品の順番を考える事も必要です。

その繰り返しでだんだんと自分のスタイルが出来上がってきます。

慣れてくると仕事がとてもラクになってきます。

ポイントは常に工夫して何回も失敗する事です。改善するべき点を見つけて次回はそれを実行する、これの繰り返しで上達できます。


運転に関してもやはり経験値です。もともと運転のセンスがある方は少し運転すればすぐに慣れるでしょう。

そうでない方は時間をかけて慣れるしかありません。毎日トラックを運転するわけですから道も覚えられますし、道を覚えれば心の余裕も出てきます。
狭路やバックで走るところもハンドルを切るポイントなども何回も繰り返し、経験値を高める事で身についていきます。


まとめ
ドライバーの仕事を難しいと感じる方もいるかもしれませんが、運転と積み降ろしの2つさえできればOKです。


ぼくが教えてきた中でも、初めはどうなる事かと思っていた新人さんも、1カ月、2カ月と経てば自分からに合ったやり方を見つけてこなせるようになりました。

仕事を始めたばかりでなかなかうまくいかなくても、時間が経って経験値が上がれば必ずできるようになると思います。

最後に、どんなに時間に遅れても絶対に焦らない事です。

焦りは事故に繋がります。

命に関わるような事故を起こしてまでする程に大事な仕事なんてありません。

それがトラックドライバーをやっていく上での一番の注意点になります。




にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ