お金とココロを再考

マネーリテラシーの強化と幸せを感じられるマインドセットにフォーカス。人生の質を上げるためのhowtoを解説。

トラックドライバーを悩ませる職業病について。

今回のテーマ

聞いたことあるもの、ないもの、トラックドライバーを悩ませる職業病についてです。

腰痛

まずは言わずもがなの腰痛です。


原因は長時間座ったままの運転姿勢と、運転で固まった身体を、積み込みや積み下ろしのためにいきなり動かす事によるものが多いようです。

また、思い荷物を無理して運んだり、下に置いてある荷物を膝を曲げないで持ち上げた時に激痛が走る事もよくあります。

腰痛を予防するより、うまく付き合っていく事を考えた方がいいのかも知れないくらい、腰痛はドライバーの課題です。


痔(いぼ痔や切れ痔)

これもよく聴くかと思います。

長時間、おしりをつけて座ったままなのが大きな原因です。本当にツライですね。

穴あき座布団などを使っている人もいます。


虫歯など

不規則な食事で歯磨きのタイミングを逃したり、思い荷物を運ぶ時に歯を強く食いしばったりする事で歯を弱めてしまいます。

また、歯医者に行く時間がなかったり面倒くさかったりで治療もしないで放置していて虫歯が悪化してしまうというと悪循環に陥る事もあります。


肥満

トラックドライバーは身体を動かす仕事のように見えますが、運転している時間も長いです。

休憩時間も決まっていないのでお腹が空いたら食事の時間、というようになってしまいます。


また、運転中は暇なので絶えず食べてしまいます。食べるのがクセになってしまうと食べていないと手持ち無沙汰になり、控えないとと思いつつもついつい、お菓子に手が伸びてしまいます。



便秘

トラックだと街中を走っている時でも、駐車場の広いコンビニでないと寄る事は出来ません。
高速道路を走っていて、パーキングエリアやサービスエリアに寄ろうと思っても、トラック用の駐車スペースが空いていないと停める事ができません。

トラックって、走らすことよりも停める事の方が難しいんです。

コンビニの駐車場でも、出る時の事を考えて駐車しないと、いざ、用を足して出発しようとしても、駐車場から出るのに四苦八苦するなんて事もよくあることです。

トラックのサイズの問題から、トイレ休憩を取る事も簡単ではないのです。文字


トイレの心配から水分の補給を控える人も、特に女性ドライバーでは多いようで、それが便秘の原因の一つにもなっているようです。


まとめ

どんな職業でも特有の職業病があります。職業病にならない対策、なってしまったら上手な付き合い方が大切ですね。