お金とココロを再考

マネーリテラシーの強化と幸せを感じられるマインドセットにフォーカス。人生の質を上げるためのhowtoを解説。

投資で時間を味方につける方法:複利のチカラ

こんにちは、たけぞうです。

今回は投資で時間を味方につけて、資産を大きく育てる、という事についてです。

まずは単利と複利の違いを理解しましょう

複利運用できる商品を長期で運用しよう‼︎

金融商品に付く利息には単利と複利の2種類があります。

簡単に説明すると、
◾️単利:預けた元本に対して利息が付きます。
利息の再運用はしません。

◾️複利:預けた元本と利息に利息が付きます。預けた元本に利息を組み入れて、どんどん利息を再運用していきます。

例)元本50万円で毎月2万円積立、金利は年2%で30年運用した結果
【投資総額】770万円
【推定資産額】1074万円
運用益が300万円を超える試算となりました。


なんだか、複利で運用した方がよさそうですね。

時間を味方につけるってどういう事?

複利の金融商品を長期間に渡り運用する事です。

では、複利で運用できる商品とは、
◾️積立預金:毎月一定額を積み立てて預金を増やしていきます。預金には利息が付き、次に利息がつ付くときには元本プラス利息に対して利息が付きます。
複利効果はありますが、もともとの金利がとても低いため、資産の拡大は期待できません。

◾️ 投資信託:投資信託とは投資家から集めた資金を、資産運用の専門家があなたにかわって運用してくれる商品です。
投資信託も定期的に積み立てる事ができ、複利効果が期待できます。


以上の事を踏まえて、ぼくは投資信託で資産を構築途中です。


投資信託を買う際の注意点として、実店舗のある証券会社ではなく、ネット証券会社を利用しなければ利益は得られにくいという点です。

実店舗の証券会社だと、買付手数料などが軽く3%を超えてきます。ネット証券だと1%以下のところが多いです。

こつこつ積み立てて、せっかく3%の運用益を出しても、手数料で3%持っていかれたら利益はプラマイ0になってしまいます。


ネット証券て、なんだか不安な響きを感じる⁉︎

不安を感じる必要はありません。口座開設から積立設定まで全てスマホで完結できます。


それならどこのネット証券がいいの?って話になりますが、SBI証券楽天証券が使いやすく、口座開設数も多いようです。
ぼくも楽天証券を使ってますが、特に不便を感じたことはありません。


スマホでネット証券にNISAか積み立てNISAの口座を開設する。
ここまで済ませれば積立投資の7割くらいは完了したようなものです。

ここまでくれば、あとは銘柄選びと積立設定だけ済ませれば作業は終了です。
積立設定さえしてしまえば、毎月自動で積み立ててくれるので、こつこつと資産が構築されていきます。


これで時間を味方につける投資方法の完成です。


完全肉体労働者のぼくがネットでの副収入目指して試行錯誤してます。
経済的余裕を手に入れてココロにゆとりを持って働きましょう。
漠然とした不安よりもまずは動き出すことです。
目指せスローライフ

それでは、最後まで見ていただきありがとうございます。