お金とココロを再考

マネーリテラシーの強化と幸せを感じられるマインドセットにフォーカス。人生の質を上げるためのhowtoを解説。

収入アップを目的とした転職は成功するのか

こんにちは、たけぞうです。

今日は転職について考えてみました。

同じ業界内では劇的給料アップは見込めない⁉︎

労働集約的な仕事では労働環境を優先すると良い

ぼくのこれまでの転職経験から感じた事ですが、運送業界でドライバーとして転職するならどこの会社でもあまり給料は変わりません。


例外的に、例えば2トンドライバーからトレーラーのドライバー、長距離ドライバーに転職したなどといった、運行の形態が大きく変わった場合は給料アップも見込めます。


転職を考えている時によくあるのが、同じ納品先でよく顔を合わせる他社のドライバーさんの話を聞き、よその会社の方がいいと感じてしまう事です。


自分の状況に不満を感じている時にとなりの芝が青く見えるのはよくある事ですね。
自分の会社への不満や他社への期待に脳内補正がかかってしまって、実際の状況を正しく把握できなくなってしまう事も考えられます。


実際、転職してみたら聞いていた話と違う‼︎ 給料はよくても休みが無い‼︎なんてのはよくある話です。

仕事や職場に求めるモノの優先順位を明確に‼︎

まずはどういう職場でどういった働き方をしたいかを考えてみましょう

例え給料が高くても、労働環境(勤務時間やノルマ、責任の度合、人間関係)が劣悪ならそこは良い職場とは言えないと思います。
耐えられる人いるかも知れませんが、ぼくには耐えられそうにありません…


勤務時間が短い事がよかったり、毎日同じルートがよかったり、配送だけだなく営業も併せてやってみたかったりと、人それぞれだと思います。

これと併せて、これはやりたくない、耐えられないと言った条件も考えておくと転職先も絞りやすくなります。


毎日ガマンを続けながらの仕事ではいずれ心を病んでしまいます。
自分に合った仕事というより、自分に合った働き方を見つけられると転職失敗のリスクも下げられると思います。


人によって居心地の良さを感じるところは様々です。アットホームな職場だけが居心地の良い職場ではないと思います。

自分の居心地の良い職場を探しましょう。

結論、給料アップを求めての転職は難しい⤵︎

働きやすい会社に勤めて、自分の時間で自己投資するのがよし

収入源を増やす事に繋げるためにも自己投資をしてみましょう。
本を読んだり投資やプログラミングの勉強をするのが良いと思います。


即収入には繋がらなくても、数年後には収入源が増えていたり、資産ができていたりします。


そういった自己投資に充てる時間を確保できる職場を選ぶのも選択肢のひとつだと思います。

完全肉体労働者のぼくがネットでの副収入目指して試行錯誤してます。
経済的余裕を手に入れてココロにゆとりを持って働きましょう。
漠然とした不安よりもまずは動き出すことです。
目指せスローライフ

それでは、最後まで見ていただきありがとうございます。