お金とココロを再考

マネーリテラシーの強化と幸せを感じられるマインドセットにフォーカス。人生の質を上げるためのhowtoを解説。

働き方改革、その目的とは

こんにちは、たけぞうです。


今日は働き方改革について考えてみます。

ここ数年、政府からのお達しで働き方改革という言葉をよく耳にします。

休みや有給をしっかりとろう、残業せずに定時で帰ろう、など労働基準法に則ったはたらき方をしましょう、というのが一つの狙いのようです。


毎日定時で退社できて喜ぶ人、残業できずに困ってしまう人、様々な反応がありますね。

企業側としても効率よく業務をこなして早く帰ってもらいたい会社、もっと働いてもらわないと困る会社と様々でしょう。


定時退社ができて自分の時間が増えることに喜ぶ人たちには働き方改革大歓迎といったところでしょう。

では逆に、残業できずに退社して困るのはどんな方でしょうか。


定時で退社してもやる事がない、家に帰りたくないという人もいるかも知れません。

でもやはり一番多い理由は残業がなくなる事がダイレクトに給料に反映されてしまうからではないでしょうか?


これまでの収入が続く事を見越して組んだ住宅ローンや、毎月の支払いもこれまでの生活レベルであったからこそ払えた金額だったのでしょう。

そうなると節約してどうにかやりくりするか、アルバイトなどをして同じ収入を確保するか、貯金を切り崩してしのいでいくか、となります。

ここで考えてみたいのは、何のために働いてきたのか、何のために働き続けるのか、という事

その理由は当然、生きていくため、子供を育てていくためです。


ここで矛盾が生じてきます。生きていくために長時間働かなければならないのはおかしいのではないか、子育てのために休日出勤して家族との時間を削っているのはおかしいのではないか、ということです。


生きていくのにそんなにお金は必要なのか、無駄な買い物や支払いが自分をお金の奴隷に仕立て上げているのではないか、と。


稼いでは消費し、支払うためにまた働く、また消費するという抜けられない無限ループの中で生かされているようですね。


もちろん、買い物や無駄使いがストレス発散になるという面もあります。
ても、その前にもう一度考えてみましょう。


その買い物が自分にとって本当に必要なのか?
見栄や自尊心のために無理して高い車や不必要なアクセサリーとかを買ったりしていないだろうか?
家を建てて一人前、なんていう不動産屋の謳い文句を鵜呑みにして、無理な住宅ローンを組もうとしていないだろうか?

自分の価値観で選択をするという事

もし、周りにいる人々に合わせて同じような水準の生活を、無理して送っているようだったら、その付き合い自体を見直した方がいいかも知れませんね。

どうしてかと言うと、基準が自分ではなく、周りの人々になってしまっているからです。


誤解の無いように言っておくと、決して周りの人々が悪い訳ではありません。

ただ、周りの人々に合わせることが自分を消耗させているという事です。


基準を自分に戻して、自分が必要なもの、本当に欲しいものにお金と時間をかけるべきだとおもいます。
その結果、自分から離れていく人がいたとすれば、それは本当の自分を見てくれていなかった、ただそれだけのことです。


自分を見つめ直すことで、自分に必要な生活費も見えてくるのではないかな、と。
そのための労働であれば心を病んだり、消耗する事も無く仕事ができるんだろうと思います。


ぼくが考える働き方改革はそういう事だと思います。



完全肉体労働者のぼくが投資やネットでの副収入目指して試行錯誤してます。
経済的余裕を手に入れてココロにゆとりを持って働きましょう。
漠然とした不安よりもまずは動き出すことです。
目指せスローライフ

それでは、最後まで見ていただきありがとうございます。