お金とココロを再考

マネーリテラシーの強化と幸せを感じられるマインドセットにフォーカス。人生の質を上げるためのhowtoを解説。

家計の節約術、まずは固定費を減らそう!!

こんにちは、たけぞうです。


今日は家計の固定費の見直しについて考えてみます。

➀家賃の見直し

➁自家用車の所有よ見直し

➂スマホ、ネットなど通信費の見直し


節約するにあたって、まず思いつくのが、家の中の電気をこまめに消したり、飲みものを外で買わずにうちでお茶とかをつくって持ち歩いたりとかでしょうか。


でもこれってすぐに始められるというメリットはあれど、効果はあまり期待出来ず、長続きもしません。


目に見えて効果が表れないので続ける楽しさとか節約してる実感がわかないでしょう。

なのでまずは大きなところから削っていきましょう。1番は家賃ですね。

持ち家でローンの支払いとかでは節約は難しいかもしれません。


なるべく家賃の安いところに引っ越したり、長く住んでいる物件なら賃料の値下げ交渉するのも手です。


次に大きい固定費は自家用車の維持費です。


そもそも、自家用車がせいかつに必須な地域でなければ、自家用車を、所有することから見直してみてはいかがでしょうか。


そしてほとんどの方に当てはまるのが、

スマホ、テレビ、自宅電話などの通信費です。

大手3社のキャリアスマホを使っているのなら格安SIMのスマホに乗り換えましょう。
ぼくはこれだけで毎月5000円以上スマホ代がさがりました。

これで年間6万円の固定費が削減できました。

また、自宅のネット、固定電話などは契約時につけたオプションを外さないままダラダラとムダな費用を払い続けていませんか?

おサイフから出す1000円は節約しても、固定費の1000円は気にしてない人が結構多いようです。
これだけで年間12000円です。


そのほか、電気の自由化に伴って、電力会社も自由に選べるようになっています。
スマホやネットなどと同じ系列の電力会社に変更することで割引が適用されたりします。

ぜひ電力会社の見直しも検討してみて下さい。

固定費を下げることについては、その時は面倒くさいかもしれませんが、その手間はとても大きな効果をもたらします。


例えば、スマホを格安SIMに変えたことで年間6万円の固定が下がりました。

この手間と、年収を6万円増やすことを比べるとどちらがカンタンでしょうか?

こうして考えると固定費の削減がもたらす効果は家計にとって大きなものになります。


ポイントは、

削減した金額の大小よりも、その金額を稼ぎ出す時間や労力と比べること!


そして、削減できてういたお金は投資にまわして将来のために有意義に使いましょう。


それでは、最後までみていただき、ありがとうございます。