お金とココロを再考

マネーリテラシーの強化と幸せを感じられるマインドセットにフォーカス。人生の質を上げるためのhowtoを解説。

将来のために長期運用

2019/07/25

こんにちは、たけぞうです。

今日は資産運用の始め方について、書いてみます。

将来のために今からできることを始めようとしてまず見つけるのが資産運用だと思います。

銀行預金も資産運用のうちの1つに当てはまります。

ただ、今の銀行預金の金利からすると預金という運用だと得られるリターンは雀の涙ほどにしかなりません。
では、株や為替トレードなどはどうでしょうか。 株やFXで儲かった系の話は耳にすることもあります。
ですが、ぼくのような素人にはどの株を買えばいいのかわからない、1日中チャートを見てられない、チャートの見方もわからない…これでは株や為替トレードには手を出せません。そもそも最初の種銭がありません。
そんなぼくが始めたのが投資信託です。

では投資信託とはなんぞや、ということになるんですが、投資信託とはプロの金融マン(ファンド)がコンセプトに基づいて、株や債券、リートなどの金融商品を組み合わせて、セット販売してくれてるようなイメージをもってもらえればいいのかなと思います。

例えば、日本企業の株を買おうとおもったらまず、銘柄選びからはじまり、購入単位も100株からですのである程度まとまったお金が必要になります。
でも投資信託なら銘柄選びから組み合わせまでを専門家がチョイスしたものを購入するだけです。

とにかく何もわからないまま、投資というものに不安もあったぼくには最適なものだと思いました。

もう1つ背中を押してくれたのは、100円から購入できること、楽天のスーパーポイントでも購入できることでした。

このハードルの低さが投資の入門には最適なのではと思います。ほくは貯金感覚で始めることができました。

これをきっかけに、投資のことをいろいろ調べて、実践しています。

投資信託を始めるには、証券口座を開設することから始まりますが、楽天証券、SBI証券などのネット証券が使いやすく、スマホで口座開設から取引までできるので便利かと思います。
手数料もネット証券の方が低く設定されています。
身分証明書とマイナンバーカードをあらかじめ用意しておけばスムーズに口座開設の手続きができます。

また、証券口座を開設する際には、同じ系列のネット銀行やクレカも口座開設しておくと後の取引が便利でお得になります。
例えば、楽天証券、楽天銀行、楽天カードを揃えておくとスムーズな取引ができます。

そこから派生して楽天市場や楽天モバイルなども使っていくとポイント面でかなりお得になっていきます。
ここまでくると、立派な楽天経済圏の一員です。
かくいうぼくも楽天経済圏にはお世話になっています。

楽天のゴリ押しになってしまいましたが、もともと楽天市場での買い物を頻繁にしてたぼくにはメリットしかないかんじです。

長くなりましたが、将来のために今からできること、投資信託を長期運用、始めてはいかがでしょうか。


最後まで見ていただき、ありがとうございます。