お金とココロを再考

マネーリテラシーの強化と幸せを感じられるマインドセットにフォーカス。人生の質を上げるためのhowtoを解説。

終身雇用制度の崩壊、その先で求められるチカラ

こんにちは、たけぞうです。

今日は終身雇用制度の崩壊について考えてみます。

2019年5月にトヨタの社長の豊田氏が、今後、終身雇用制度を続けていくことは難しいと発表しました。

日本一の大企業のトヨタの発表です。

また、一方では、45才定年制という話題もあります。

大手企業でも早期退職者を募っていたり、メガバンクでも店舗を減らすに当たって、リストラが行われているようです。

将来の安定と安心を求めて大手企業や銀行に入社した方もこれからの先行きがわからない状況になってきました。

どんな大企業、一流企業に入社しても将来は保証されない時代に突入したという事だと思います。

これからはさらなる個人主義の時代がくるのではないでしょうか。個人で稼ぐ力、お客さまを集める力、それから自分をブランドとしてつくり上げていく力が求められていると思います。

今の時点で何の力も持っていないぼくがするべきことは何でしょう。

•自分に投資をすること(読書、スキルを身につける)

•資産形成(短期、長期投資や投資のための収入源を増やすこと)

この2点にフォーカスして、個人として生きる力をつける事だと考えます。

まずは毎月の支出の固定費の削減からはじめていきます。

最後まで見ていただき、ありがとうございます。